いま注目のあの人

第11回:定年退職からエクセル画家へ
堀内辰男さん②

いま輝いている素敵な人からお話を聴いてみたい。ただ、その想いでインタビューをするのが、このコーナー。今回は、パソコンの表計算ソフト「エクセル(Excel)」を使って、絵を描く堀内辰男さんを訪ねました。定年退職してからゼロの状態で始めたというエクセルを使った絵画は、数々の賞を受賞し、個展を開くほどの腕前。いまは地元で「エクセルアート」教室も開催しています。

第10回:定年退職からエクセル画家へ 堀内辰男さん①

2017-05-08-horiuchi-8

最初の3年間は、エクセルに馴れるため、ひたすら絵を描き続けたという堀内さん/撮影:弓削ヒズミ

10年で鑑賞に堪えられる絵を描こうと目標を立てた

■エクセルで絵を描き始めて、最初はどんな感じだったのでしょうか。

最初は絵が描けるかわからなかった。グラフが描けるんだから絵も描けるんだろうと始めたわけでしょ。そこからオートシェイプという機能を知って、線や輪郭が描ける、そして色が塗れる、そして組み合わせたら、お花ができる。じゃあ家は描けるか? こういうのから、経験を重ねてきて、じゃあ、次はこれが描けるか、次はこうしてみようとやってきた。

だから目標を立てたの。10年経ったら鑑賞に堪えるような絵を描こうと。サラリーマン時代の目標管理が身についているから、10年で鑑賞に堪える絵にするために、自分で3つのステップ作って、3年・3年・3年、残り1年で、なんとかモノにならなくとも、やったなと思うようなところまで持っていこうと。

2017-05-08-horiuchi-3

「ワードでも絵を描くことはできたけど、エクセルだと絵のサイズを後から決められるので良かった」と語る堀内さん/撮影:弓削ヒズミ

■その10年計画による3つのステップを教えていただけますか。

ステップ1は、とにかくエクセルに馴染んで、絵らしいものが描けるようにする。それが最初の3年。まだ絵描きじゃないから何の絵を描くかわからず、目につくものは手当たり次第描いた。一番描いたのは花だよ。野に咲く花、お勝手にある野菜だとか、そういうのを手当たり次第描いたね。描いていくうちに、いろんなことが分かってくるんだ。エクセルだとあんなことができる、こんな機能がついているんだ、線の引き方もこうした方がいい、ひたすら馴染むことに徹した。

ステップ2は、最初の3年間で描いてきたものを組み合わせて、バラエティ豊かな画面を作っていった。この頃は構図なんてものも知らないし、組み合わせているうちに、少しは絵らしいものがわかってくるだろうと、脇目も振らずに、毎日毎日描いた。毎日パソコンに向かっていたら飽きたりすることもあるじゃん。だけどね、我慢して描いた。

ステップ3は、最後の3年間で、こんなものが絵らしいぞ、と分かった感覚を磨き上げる期間にした。それでもね、本物の絵には程遠いんじゃないかと、残りの1年間で本物に近づけようと、ひたすらやったよ。

2017-05-08-horiuchi-42017-05-08-horiuchi-5

アトリエ兼書斎のパソコンで作品制作をする堀内さん。「マウスの握り方は、1万円札を握るみたいに力を入れちゃダメ、軽く握らなきゃ」と教えてくれた/撮影:弓削ヒズミ

■10年のなかで、何か転機となることはありましたか。

書き始めて5〜6年目だったと思うけど、うちの長男が「オートシェイプでお絵かきコンテスト」があるから出展してみろよと勧めてくれて、ダメもとで出してみたんだ。自分では、まだ改善の余地があるように思えたけど、出してみたら、これが大賞になったんだ。

正直、これが大賞かと思ったけど、他の応募作品と比べると俺の絵がダントツだった。こういうこと言うと女房に怒られるんだけど(笑)

最初の3年間、黙って描き続けたことで、絵が馴染んでたんだ。その馴染みが他の作品にはないと思った。それに、今にして思えば構図もよかった。いままで描いた絵を組み合わせて、新しい絵を作ろうとしたのが、もともとの発想だから、それを一生懸命やったんだよ。

なかなか画面をうまく埋めきれなくて、画面中央に穴(空間)が空いてるわけ。だから、周りをそれらしくしたら、その真ん中の穴ボッコが「絵」にしてたんだね。無意識にそれらしい構図になってたことを後から気づいたよ。この絵は俺の絵の原点なのかもしれない。それで自信がついて、それ以後、一生懸命に絵を描くようになったの。それがいまに繋がってるんだな。

2017-05-08-horiuchi-6

2006パソコン画大賞受賞作で堀内さんの転機となった作品「城址の桜」堀内辰男 作/提供:堀内辰男

第12回:定年退職からエクセル画家へ 堀内辰男さん③に続く

文・写真=弓削ヒズミ(編集部) 2017年4月取材


■ Profile ■
堀内辰男(ほりうち・たつお)

1940年、長野県上田市真田町生まれ。定年退職後、2000年頃からパソコンの表計算ソフト「エクセル」を使って絵を描きはじめる。2006年にmoug主催「オートシェイプでお絵かきコンテスト」で大賞を受賞するなど、精力的に作品制作に取り組む。いま地元・群馬県館林市で「エクセルアート」教室を開催。
公式サイト:堀内辰男のエクセルで描くパソコン画

《展覧会予定》
『堀内辰男とExcelArt教室展』

日時:平成29年9月22日(金)9時〜25日(月)12時まで
場所:群馬県館林市三の丸芸術ホールギャラリー(群馬県館林市城町1-2)
入場無料

下へ続く
上へ戻る