活躍の場を探す

《コラム》ダボハゼ見聞記
第3回「同窓会」

七つの顔をもつヴォーカル・パフォーマー、ダボハゼのぺぺさんが、好奇心の赴くまま、自ら見て、聞いて、体験したことを、シニア世代の本音として、また団塊世代の視点で綴る不定期連載コラムです。今回のテーマは「同窓会」。

pepe-collumn03-top

イメージ

人恋しいお年頃

この歳になると、妙に人恋しくなる。それも、昔の知人友人(別れた恋人もそうだろうが、オイラには残念ながらいない)に会いたくなる。小学校で淡い恋心を抱いた彼女は今どんな感じになってるんだろ? そのまま、可愛い感じのままか? はたまたシワクチャ婆ちゃんになってしまっているか? 中学の時、喧嘩したTは、今頃どうしているのだろ? あの頃不良っぽかったから、ヤクザな世界でも足を踏み入れてしまったのだろうか?体育のA子先生、女だけどキビキビして愛くるしい瞳が魅力的だった。

pepecollumn03-1

イメージ/写真:無料写真素材 写真AC

読者の皆さんも、おそらく同じ想いを抱いているに違いない。「同窓会」と一括りしてしまったが、規模の小さい順からいうと、クラス会、同期会、同窓会の順となり、やはりクラス会が一番馴染みやすい。しかも小学校時代は、なになにちゃん呼ばわりしていたから、とっても親しみやすい。

たけちゃん、れいこちゃん、みっちゃん……などなど。オイラの世代(団塊の世代)は、女の子の名前の場合、下に「○○子」を付けるのが一般的だった。中には洒落た名前をつけた女の子もいた。「麗美:レミ(仮名)」。でも、シワクチャ婆ちゃんになっていたら、「麗美ちゃん!」と呼ぶには抵抗があるなぁ。はい! 男の場合も同様の事例は無論あります(>_<)。

会える時に会いたい

今オイラ、中学クラス会の幹事を仰せつかっている。昨年25年振りにクラス会を地元居酒屋で開催した。出席者15名ほど。50人ほどのクラスからすると3分の1ほどだが、男女半々ずつの出席となり、懇談するには丁度いい数だった。

pepecollumn03-2

イメージ/写真:無料写真素材 写真AC

25年振りとあって、初め名前が出て来ないクラスメイトもいたが、皆さんそれほどお変わりなく懐かしい顔が出揃った。小学校時代と違って中学校となると、思春期真っ盛り!また、受験戦争真っ只中! 偏差値がどうの、学年で何番だの、当時は、廊下に張り出された。オイラは、授業中、机の下で、「巌窟王」や「三銃士」を夢中になって読んでいた。というわけで、オイラは奥手で異性に興味(いや、興味はあったが、クラスの女の子に)がなかったので、そうした噂もなかった。ま、はっきり言えばモテなかったということ(–;)。だから、今回お会いして、ドキッとするようなこともなかったのが残念!

昨年は6月と12月、年2回も開催。少し間を置こうと思ったら、今年も年内に開いてくれとの要望を仰せつかった。みんな歳なんだから、会える時に会いたいとのこと。確かに、オイラのクラスでも物故者が何人かいる。やはり、会いたいときに会える機会をつくるのは大事だ。

話題といえば、自慢話か病気の話

先日、高校の同期会と同窓会に行ってみた。同期会は同じ学年なので、当然顔見知りの人が多くいる。ところが、同窓会となると、世代が異なることから、同じクラスで示し合わせて出席でもしない限り、顔見知りがほとんどいない。

そういうことから、周年記念は別として、同窓会は年々先細りのようだ。しかも、出席者はシニアばかり! 同窓会なんだから、若い世代がもっと出席して欲しい。幹事には若い人が出席しやすい雰囲気作りが求められる。

こういう会合に出席するのは、勝ち組(嫌な言葉だ)が多い。毎回出てくる人は同じ。自分の成功談を滔々としゃべる人もいる。もうその話は何回も聞いた。勘弁してよ。男の場合、加齢とともに自慢話をしたがる傾向がある。聞かされる方はウンザリだ。しかも、ご本人はそれに気付かないから始末が悪い。
ま、負け組からするとネタミもあるかも。

クラス会、同期会、同窓会と出席して思ったこと。総じて話題が暗い(–;)。やれ、どこそこが痛いだとか、あのサプリメントを飲んでいるとか、アイツ癌らしいとか、お寺とかお墓の話とか……。もっと明るい話はできないのか!!

かといって、孫の写真を見せまくっているジジババもいる。わかった! わかったよ! あんたの孫は可愛いよ!! 孫がいない人の気持ちも汲んでほしい。

pepecollumn03-3

イメージ/写真:素材辞典

オイラ、ようやく外孫だが、今年できた(^O^)。

今度のクラス会に孫の写真みんなに見せまくろう!!

文=ダボハゼのぺぺ


■Profile■
ダボハゼのペペ
(だぼはぜのぺぺ)
東京都江戸川区の小岩生まれ。年齢不詳。クラウン、日本シャンソン協会正会員、元・笑い療法士など、七つの顔をもつヴォーカル・パフォーマーとして、福祉施設や老人ホームなどでボランティア活動を行う。シャンソン歌手としてライブにも出演。2010年より「カーボンオフセット・コンサート・アソシエーション」を立ち上げ、地球温暖化防止推進団体へ寄付するためのコンサートを主催する。
公式Facebookページ

■ダボハゼ見聞記 バックナンバー
第1回「ボランティア活動」
第2回「リタイア後」
第3回「同窓会」

関連記事=2017年2月27日掲載『七つの顔をもつヴォーカル・パフォーマー・ダボハゼのペペさん①
関連記事=2017年3月06日掲載『七つの顔をもつヴォーカル・パフォーマー・ダボハゼのペペさん②

下へ続く
上へ戻る