活躍の場を探す

シニアのための“銭稼ぎのススメ”
【第3回】ドラマや映画に出演「エキストラで稼ごう」

大好きな俳優と一緒の作品に出演して、小遣いも稼げる─。そんな夢を叶えてくれるのが「エキストラ」の仕事です。映画やドラマで俳優を引き立てるエキストラですが、知らないまま飛び込んでトラブルになることも。この記事では、エキストラの種類から参加する方法、メリットや報酬、気をつける点について解説します。


イメージ/写真:無料写真素材 写真AC

シニアも活躍。エキストラの仕事とは

こんにちは!ライターのサトシと申します。

エキストラと一口に言っても、その歴史は古く、日本では「仕出し」と言われ、歌舞伎の脚本にも登場します。「仕出し」は、ドラマの中では役名のない端役のことで、通行人や群衆など舞台の雰囲気を作る役割を担います。また、アメリカではエキストラはバックグラウンドと呼ばれ、台詞がなく背景を演出する俳優になります。

現在も映画やドラマには多くのエキストラが出演しており、ベテランのシニアも数多く活躍しています。今回はキャリア11年のシニアエキストラ、松田さん(仮名)から詳しい話を伺いながら、エキストラの基礎知識や気をつける点などを紹介します。

定年後、シニアタレントを目指す人も増えている/撮影:オオヤサトシ

エキストラの種類

エキストラは、主に「報酬型」と「ボランティア型」の2種類に分けられます。報酬型はギャラと呼ばれる出演料が支払われます。ボランティアは原則、出演料は支払われない無償タイプです。まずはエキストラの種類を詳しくチェックしてみましょう。

報酬型エキストラ

エキストラの報酬(ギャラ)は安いのが当たり前?/写真:無料写真素材 写真AC

報酬型とは、作品に出演してギャラと呼ばれる給料が発生するタイプです。

基本料金が時間制で決まっているケースが多いです(5時間で3000~4000円程度が相場)。さらに、集合や解散場所が東京23区内であれば、殆どの場合、交通費も報酬に含まれています。つまり、自腹になるわけです。

松田さん(ベテランエキストラ):交通費はバカになりませんよ。5時間4000円の仕事でも交通費で往復1200円かかれば、手元に残るのは2800円。時給にすると560円で交通費より安くなっちゃいます。

ただし、東京23区内でもバス代の一部支給や、郊外での集合・解散では交通費を支給してくれるプロダクションもあるそうです。

ボランティアエキストラ(無償)

こちらは報酬(ギャラ)が全く出ないタイプです。テレビ局や制作会社が募集しているケースが多いです。交通費などが支払われることもありません。作品によっては、番組の記念品が進呈される場合はあるそうです。

松田さん(ベテランエキストラ):最近は、地域のPRや活性化に貢献しようという市民ボランティア・エキストラの募集は増えています。謝礼は発生しませんが、最初の一歩として作品に出演する方は多いですね。

映画、ドラマでエキストラとして稼ぐ方法

エキストラで稼ぐには事務所に登録するのが近道/写真:無料写真素材 写真AC

松田さんによると、初心者がエキストラとして安全に確実に報酬を得る近道は、エキストラの派遣会社に登録することだそうです。その手順を紹介します。

エキストラの派遣会社に登録しよう

タレントや俳優、芸人を数多く抱える大手プロダクションは有名ですが、エキストラを派遣している事務所というのは、あまり聞いた事がありません。シニア世代が登録しやすい派遣会社というのはあるのでしょうか?

松田さん:私が登録しているのは、老舗のエキストラ事務所です。実績も豊富なので安心です。登録するとマネージャーもいますので、ちょっとしたタレント気分は味わえますね。

松田さんのエキストラ仲間が所属しているのは、以下の会社です。エキストラの世界では、複数の会社に登録している方も多いそうです。

〇アーネストプロダクション
○芸優            
○古賀プロダクション     
○STORM RIDER      
○CASTY           

松田さん:ドラマでは番組のエンドロールに、エキストラの事務所がクレジットされているケースが多いです。好きな俳優と共演したい方は、事務所を調べて登録するのもオススメです。

プロダクションのホームページを見ると、エキストラの登録手続きが書いてあります。ほとんどの場合、まず会社を訪問して仕事内容の説明を受けて、登録費用を支払います。登録費用は、各社それぞれ違うので事前に確認が必要です。

エキストラの仕事をするには

登録した後は、プロダクションに電話をして、仕事の有無を確認します。最近は、作品や役柄などに合わせた募集メールが配信されることも増えています。募集内容に合えばエントリーして、採用されると連絡があり、現場へおもむくことになります。

知っておきたい、エキストラの基礎知識

現場で迷惑をかけない基礎知識を知ろう/写真:無料写真素材 写真AC

エキストラと言ってもお金をもらう以上はプロ。演技経験のない素人でも迷惑をかけずに働けるのでしょうか?

松田さん:通行人や群衆役は、台詞もなく簡単な動作だけなので、演技経験のない方でも大丈夫です。また、人数の多い現場にはプロダクションのマネージャーが来ているので困った時は相談できます。

服装・持ち物

エキストラの衣装や持ち物は指定がない限り、派手な色や服装は避けた方が良いそうです。貴重品はなるべく現場には持ち込まない。盗難・紛失があっても自己責任です。

松田さん:服装は重要です。企業のロゴやブランド名が入ったものはNGですね。通行人の役だと、スーツとラフな服装の、2ポーズと指示されることもあります。

ちなみに「ラフ」とは私服のこと。「ポーズ」とは服のパターンのことだそうです。ラフな服装とは、普段街に出るときのカジュアルな服。そして「2ポーズ」と指示されたら、スーツと私服の2パターンに着替えられるように準備する、と捉えるそうです。

心がけたいこと

集合場所に遅刻や欠席をした場合は、次の仕事をもらえない場合もあるそうです。現場では、待ち時間、移動時間も仕事時間内。俳優さんに声をかけることや、写真撮影はもってのほか。同じ作品の出演者と考えれば、当然のことかもしれませんね。

松田さん:最近、特に気をつけるように言われるのが秘密保持です。放送が公開されるまでの内容や撮影に関わることはNGです。また、SNSなどへの書き込みもダメですね。

エキストラのデメリットとは

エキストラの仕事で大変と言われるのが「待ち時間」です。出演時間は短くても、拘束時間は長いといいます。

松田さん:待ち時間は、とにかく長い(苦笑)。私の経験では、撮影は30分で、待ち時間が8時間という現場もありました。屋外の撮影では「天気待ち」もありますし。冬は寒さ対策も必須です。

サトシ:待ち時間は何をしているのですか?

松田さん:スマホを見たり、本を読んだり。長丁場だとエキストラ同士も仲良くなるので、休憩時間に雑談することも多いですね。

サトシ:エキストラはどんな方が多いのですか?

松田さん:本当にさまざまな人がいますね。定年後にエキストラをはじめた方も多いです。比較的、生活に余裕があれば楽しい仕事だと思います。エキストラで食べている方もいますけど、本業でやっていくには収入的には厳しいですね。

サトシ:エキストラの仕事で気をつけることはありますか?

松田さん(ベテランエキストラ):エキストラの募集をしながら、後で高額なレッスン代を請求するプロダクションもあるそうです。高額な報酬(ギャラ)を提示しているエキストラの仕事は、注意が必要ですね。

エキストラのメリット

憧れの有名人と共演し、幅広い年齢層の人と交流を深めることのできるエキストラのお仕事。長く続けていると“オイシイ”こともあるそうです。

松田さん:再現ドラマでは、エキストラでもセリフをもらうことがあります。テレビにドアップで映ったときは、家族も喜んでくれました。ギャラでいえば、例えば5時間4000円の仕事が、3時間で終わることがあります。それでも支給額は同じです。

サトシ:エキストラから、本格的に俳優を目指す方もいるのですか?

松田さん:いますね。レッスンを受けて、事務所の俳優部門に入る方もいます。「役者は3日やったらやめられない」と言いますし、現場にいると刺激を受けますよね。

隠れた才能を開花させよう

映画やドラマで隠れた才能を開花させよう/写真:無料写真素材 写真AC

かつて世界的な演出家の蜷川幸雄さんは、たくさんの高齢者に夢や可能性を感じてもらいたいとの思いから、「高齢者1万人の演劇」という公演を計画し、65歳以上の出演者を公募したことがありました。

まずは趣味として「銭稼ぎ」をしながら、自分の隠れた才能を発見してみてはいかがでしょうか。

取材・文=大屋覚

■Profile■
大屋 覚(ライター/放送作家)
テレビ番組や書籍、Webマガジンを中心に活動中。2012年より社会人学生として心理と福祉の研究に取り組む。ケアワーカーとして認知症や重度訪問介護にも携わっている。早稲田大学、同大学院院修了(博士後期課程退学)。

下へ続く